" クルマの買取で査定額を各社に競争させる

クルマを高く売るためのポイントは2つ!

クルマ 買取

クルマを買取に出す場合
誰だって少しでも高く買取ってもらいたいものです。

でも交渉ごとが苦手な方や買取店巡りの時間がない方にとっては、
高額買取を目指したくてもハードルが高く感じられるかも知れません。

でもこの方法ならポイントはたった2つだけ!

チェック 乗り換えでも下取りには絶対出さないこと

チェック 複数の車買取専門店に買取額を競わせること


①なぜ「下取り」はいけないのか

中古車の取扱量が車買取専門店より圧倒的に少ないディーラーは、スケールメリットにおいて車買取専門店にかないません。

薄利多売を背景に高額買取が可能な買取専門店は、下取車再販までのコストが高いディーラーより確実に高い価格で買取をすることができます。

②一括査定なら自宅で買取店を競わせることができる

「買取専門店の競争」というのは自分で買取店巡りをしようというのではありません。

一括査定(無料)を利用すれば、買取店の方から訪問査定をし競争で買取額の提示をしてくれます。


車買取専門店が全国的に増え、それら専門店が参加する一括査定のサービスが普及して、クルマを売却する方法が一変してしまいました。

自宅に居たまま複数の買取店の出張査定を受け、買取額を競わせることのできる一括査定は、クルマの高額売却に欠かせない無料サービスです。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら


クルマの一括査定サービスはたくさんありますが、その中から利用者の多いおススメをご紹介。
どれも成約手数料などの心配の無い「完全無料」ですので安心して利用できます。

こちら 人気の車一括査定サービスを比較

おすすめのサービス 5段階評価            詳  細

かんたん車査定ガイド

クルマ 買取
★★★★★

ともかく入力が簡単!人気急上昇中の一括査定

●最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。

●中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

●入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちら⇒ かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

クルマ 買取
★★★★★

全国展開大手の買取業者が多数参加

●大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。

●人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。

●毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちら⇒ ズバット車買取比較

カーセンサー.net
簡単ネット査定

クルマ 買取
★★★★☆

あの雑誌カーセンサー運営のオンライン一括査定

●加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。

●最大11社の見積もりが可能なのはカーセンサーだけ。
(他社は最大10社まで)

●メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


一括査定の上手な利用法

クルマ 買取

■上手な訪問査定の受け方

<概算見積もりを比べてから査定をしてもらいたい場合>

一括査定を申し込むと、早いときは1時間もしないうちから買取店から訪問査定の電話連絡が入って来ます。

時間があまりとれず、概算額の比較で買取店を絞ってから査定を受けたい場合は、入力申込み時に『概算額を比べてから訪問査定の連絡をしたいのでまずはメールで査定額をお願いします』と特記すればいいでしょう。

またカーセンサー.net簡単ネット査定のように入力段階でメールでの連絡を選べる一括査定もあります。

それでも電話が入ることもあるかもしれませんが、そういう買取店はその時点で候補から外せばいいでしょう。

数社に絞れたら後は連絡をして各社が重ならないように訪問査定の日程を決めてください。


<できるだけ多くの買取額を比べたい場合>

時間がありできるだけ多くの買取専門店に査定してもらいたいという場合もあるでしょう。

その場合は、申込み時に上記の「まずはメールで・・・」の特記をしなければ、「訪問査定の日時を決めましょう」という電話連絡が各社から入ることになります。


■訪問査定の立会い

禁煙車など自分の車で特にアピールしたい点があれば、訪問査定時に立ち会ってアピールした方がいいでしょう。

また立会いをする場合は簡単なメモを取れるようにした方がいいかもしれません。

特別なアピールポイントもなく、また忙しかったりする場合は、立会いをしなくても大丈夫です。

勤務中に勤務先の駐車場においてある愛車を査定マン一人で査定してもらうことでもかまわないでしょう。

査定マンによって違いがあるでしょうが、出張による無料訪問査定は30分くらいかかるのが通常です。

■訪問査定時に即決しないようにしよう

各社の重要ポイントがメモできるように準備して立会いに臨みましょう。

査定後に「今日決めてくれればがんばって○万円上乗せします」などと即決を迫られる場合もあるでしょうが、査定を受けた日に即決するのは止めましょう。

予想外の好条件が出たとしても、その金額を連絡すればもっと上乗せできる専門店もいるかも知れません。

セットした全部の買取店の査定が終わる前に即決するのはくれぐれも避けましょう。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら


車のローンが残っている段階で売却するには残高を完済して生産する必要があります。
現金持ち出しを抑えるために一括査定でできるだけ高く売りましょう。

クルマを買取りに出すなら一括査定が欠かせない

■オンライン査定でクルマ買取が変わった

一頃まではクルマの買取といえば下取りがほとんどでしたが、今ではインターネットを利用したオンライン査定が普及し、昔に比べてとても簡単に車の査定をしてもらうことができるようになりました。

クルマの買い換えで今のクルマの売却代金を購入費用に充てる場合でも、かつてのように下取りに頼らなくてもタイミングよく無料で査定してもらえ、売却することが可能になりました。

しかも、1社だけでなく複数社の査定額を一括して比較できる「車一括査定」の登場で、自宅に居たままで複数の買取専門店に査定額を競争させ、最高額の所を選んで売ることもできるようになりました。

■一括査定を利用しないとお金がもったいない

一頃は、自分で車買取専門店を探し、何か所にも車を持ち込んで査定してもらい一番高い所に売るというのがクルマを高く売る最も有効な方法でしたが、今では時間とガソリン代を掛けてクルマを買取店に持ち込む必要すらなくなりました。

一括査定を申し込むと15分もしないうちから訪問査定の電話連絡が来始めることもあります。

全国展開の大手だけでも全部名前を挙げれないほど車買取専門店の数が増加し、地域の有力店や外車・ディーゼル車、4WD車などの買取専門店もふくめて、クルマの買取はまさに買取専門店の競争になっています。

こんな状況の中でクルマを昔ながらの下取りに出すのでは、とてももったいないことになってしまいます。

■一括査定も選んで使えるようになった

便利な車一括査定の無料サービスも、一頃から見れば大変数が多くなりました。

一括査定サービス同士も利用者獲得の競争をするようになっています。

サービスがあまり似たものだと差別化による競争になりませんので、各運営主体も様々なカラーを出して特色をアピールしています。

一括査定ならどこでもいいというのでなく、入力時間などの使いやすさ、参加業者の顔ぶれや数、利用実績、サービス運営主体などを見ながら、一括査定そのものを選ぶ時代になっています。

もはやクルマを買取りに出すには一括査定が欠かせないサービスになったといえるでしょう。

中古車の買取相場はどうやって決められるのか

中古車買取額の相場は、基本的には、年式・走行距離・車の状態を客観的に見て、同程度の中古車が市場でどれくらいの金額で取引されているかを目安としてが決定されています。

車買取専門店の場合は、中古車オークションの相場をその取引金額の目安にしています。

中古車の相場をスピーディーに分析して見積額を提示できるのが、一括査定のサイトです。

全国の大手業者、有力業者が多数登録・参加してクルマの査定をするのですから、そこから自動的にオークション相場が反映された相場がわかるわけです。

これに対して、ディーラー下取りの場合は、各業者が独自に取り決めた下取り基本価格表をベースにしているといわれます。

車の年式やタイプなども考慮されながら価格表は定期的に更新はされてはいるようですが、オークションの取引額を目安とする買取専門業者の相場とは全く異なる基準があると言われています。

やはり、新車の専門業者と中古車の専門業者では、中古車の相場の捉え方も全く違ったものであるということのようです。



軽自動車の任意保険が高い

このページの先頭へ